ストックフォトイラスト作成に!Illustratorのオープンパスを閉じれてないパスを探せる便利なスクリプト紹介

ストックフォトイラスト作成に!Illustratorのオープンパスを閉じれてないパスを探せる便利なスクリプト紹介

Illustratorでイラストを作成していて上の画像のようにドキュメント情報で閉じれてないオープンパスがあることがあります。
AdobeStockではAIデータなので審査が落ちることありませんが PIXTAはepsで登録しないといけないのでオープンパスが1個でも残ってると審査に落ちてしまいます。

ストックフォトイラスト作成に!Illustratorのオープンパスを閉じれてないパスを探せる便利なスクリプト紹介

イラストのオープンパスを0個にする手順

(1)オブジェクト→アピアランス分割を選択して一度パスを分割します。

ストックフォトイラスト作成に!Illustratorのオープンパスを閉じれてないパスを探せる便利なスクリプト紹介

(2)それでも閉じれてないオープンパスがある場合は

オープンパスを自動で探してチェックできるスクリプトがPIXTAのサイトにあるので選択して探します。

(スクリプト名はeps_ng_checker)

ストックフォトイラスト作成に!Illustratorのオープンパスを閉じれてないパスを探せる便利なスクリプト紹介

下記のPIXTA公式サイトからスクリプトのダウンロードが可能です。

【ベクター素材制作用】リジェクト項目の自動チェックスクリプトを公開しました | PIXTAガイド

PIXTAクリエイターの皆様 いつも素敵な作品をありがとうございます。 ベクター素材を制作されるみなさま向けに、塗りのオープンパスがないかなどを自動でチェックできるス…

Follow me!

お仕事のご依頼はこちらから